基礎医学研究機器の専門商社・福岡研明社

基礎医学研究関連なら消耗品から最新機器・設備までワンストップで調達できる福岡研明社にお問合せください

Blk

HOMEブログページ2020年 ≫ 9月 ≫

2020年9月の記事:BLOG  - 思いつくままに・・・

おつかれさまでした

IMG_1245
羽田空港に無事到着し、帰りは乗り継ぎの関係で2班に別れて福岡空港へと向かいます。
第一班は17:15発のJAL便で福岡へ向けて出発。
第二班は19:30初のANA便で福岡へ。
ということで、羽田空港の国際線ターミナルで一応の解団式を。

その後、行きと同じように乗り継ぎのモノレール券をカウンターでゲットし、第一ターミナルへ移動。
帰りは何事もなく無事に福岡へ帰り着きました。
いやー、日本語が通じるって、本当にいいものですね。

ラスベガス、というかアメリカは日本と習慣や文化が違う国です。
民主主義という基本的価値観を共有し、同盟国という立場ですが、様々なことが全く異なる国です。
そして、(アメリカに限らず)そういう異なる国を訪れ、観光や視察、交流を通して得られる知識や体験といったものは大きな財産になると思います。
私が初めてアメリカへ行ったのは、1989年、平成になってすぐの1月です。
当時在籍していた会社から、副社長、営業課長それに入社2年目の私の3名がアメリカ住宅視察ツアーに行かせて頂きました。
そこで受けた衝撃は、私の仕事上の礎となりました。
もちろん、異文化に触れてもその場だけの感想だけで終わる方もいらっしゃいます。
しかし、そういう経験や体験をすることが人生をより楽しくしてくれる、と私は信じています。

新型コロナの影響で、世界的な移動制限が行われている現在ですが、この騒動が終息したら旅に出掛けてみてはいかがでしょうか。
私も、またアメリカ(もちろんラスベガス)に行ってみたいと考えています。
2020年09月25日 18:00

DELTA ONE

27

デルタ航空の日本・アメリカ路線は、ファーストクラスがありません。
ビジネスクラスが一番いい席になっています。
そのビジネスクラスは「DELTA ONE」と呼ばれていて、現在ではフルフラットベッドのシートになっています。
フルフラットベッドシートとは、その名の通りシートが180°、つまり床に対して平行になるタイプです。
これは楽チンです。

DELTA ONEのフルフラットベッドに最初に乗ったのが成田からミネアポリス行きでしたが、12時間ほど乗っていても降りるときに「まだ乗っていたい」と思ったくらいです。
ただ、最初にデルタのビジネスクラスに乗った1990年代から比べると、食事が段々と落ちてきているような気が。
前回(この旅行の5年前)あった、ハーゲンダッツのアイスクリームが陶器のお皿にデーンと載っていて、CA が目の前でアーモンドクラッシュとチョコレートソースをこれでもか、と掛けてくれたデザートが、ハーゲンダッツのカップ入り(スーパーで売っている小さいヤツ)に変わっていた・・・
食事もかなり貧相になっていましたが、ハーゲンダッツ事件が一番ショックでした。

まあ、そういうことを差し引いても、DELTA ONE は最高です。
またマイルを貯めてもう一度・・・ とか考えていると、あっという間に羽田空港への着陸態勢に入ったというアナウンスが聞こえてきました。
2020年09月18日 17:59