基礎医学研究機器の専門商社・福岡研明社

基礎医学研究関連なら消耗品から最新機器・設備までワンストップで調達できる福岡研明社にお問合せください

Blk

HOMEブログページ2019年 ≫ 10月 ≫

2019年10月の記事:BLOG  - 思いつくままに・・・

3日目の夜

IMG_0705

夕食を Bellagio にしたのは、その後に O(オー)を鑑賞するためです。
オーの劇場は、Bellagio のバフェイのほぼ隣、というロケーションです。
すでに日本でイーチケットを発券(印刷)していたので、そのまま劇場に入ります。
劇場は、オー専用となっていまして、ラスベガス特有のフェイクにしては「THE 劇場」という貫禄があります。
上演中は写真撮影禁止になっていますので、開幕前の雰囲気だけでも。

オーは、やはりラスベガスで1つだけ見るとすれば、これになるかな、というくらい完成度の高いショーです。
セリフはほぼないので、英語が分からなくても楽しめます。
そして、観劇が終わった後、なぜか人生について考えさせられます。
なぜか、まったく分かりませんけど。

そういう高尚な気分になって、Bellagio の噴水を見学して我らの Luxor へタクシーで帰りました。
こうして、3日目の夜も更けていくはず。
でしたが、野郎どもは高尚な気分とは裏腹に、今夜もメインフロア(カジノ)で足止めを食らっていました。
 
2019年10月28日 17:53

Bellagio

ベラージオ

ラスベガスに来ると、何故か食事は朝と夕の2回、というパターンが多くなります。
朝食は少しゆっくりめ、夕食は早め、です。
どちらも、ピークの時間から外れるので、バフェイで並ぶことはほとんどありませんでした。
夕食の開始が大体17時過ぎでした。

3日目の夕食は、この旅の食事で一番高価な Bellagio のバフェイ。
うん、食事自体はさすがに Bellagio でした。
ただ、席の位置が良くなかったのか、思ったよりも居心地は良くありませんでした。
居心地という観点から一番良かったのは、Luxor のバフェイ。
その次が Flamingo のバフェイかな。

食事の前に、ホテル内を放浪したのですが、イベントで「日本」をやっていました。
赤い鳥居、銀閣寺、それに、うーん、デフォルメされた歌舞伎人形。
日本人から見ると、「何だかなぁ」って感じがしないでもないですが、多くの人が訪れていて、まあ、日本の宣伝にはなっていましたので、ヨシとしましょう。
2019年10月18日 17:02

アメリカ人と水着

0000560278.jpg
Fashion Show にハワイで有名な ABCストアがありましたので、そこでお土産を大量に買いました。
ABCストアは、ラスベガスにも何店舗かあるようです。
荷物がいっぱいになったので、ここからタクシーで Luxor まで帰りました。

部屋に帰り着き、何をしようかと考えて、プールに行くことにしました。
まずは下見に、ということで行ってみましたが、無料のエリアは人でいっぱい。
有料のエリアは、そこそこ空いていましたが、うーん、お金を出すのも・・・
ということで、ひと廻りしてプールは眺めるだけでおしまい。

以前、仕事で福岡に来ていたアメリカ人たちを、別府の杉乃井パレスに連れて行ったことがあります。
杉乃井には、アクアビートというプールがあり、アメリカ人全員が水着を持ってきていました。
また、ある時は宮崎で(別の)アメリカ人を招へいする仕事があり、終わった後、今は亡きシーガイアのオーシャンドームに連れて行った時も、アメリカ人たちは水着を持参していました。

普通の日本人は、出張の時、バッグに水着は入れないですよね?
でも、アメリカ人の多くは、出張でも旅行でも、靴下を入れる感覚で水着をバッグに入れるそうです。
そういえば、アメリカのホテルは必ずプールがあり、利用している人も多い、と感じられます。
かくいう私も当然、水着持参でラスベガスへ乗り込んできたのですが。

次回こそは、ラスベガスのプールを楽しみたいですね。
2019年10月11日 17:47

ショッピング・モール

CIMG2167
ラスベガスには、ショッピング・モールがたくさんあります。
高級なホテルには高級ショッピング・モールが付帯していますが、まあ、野郎どもの集まりである旅人たちは、ショッピングには興味がありません。
だから、わざわざタクシーやバスで巨大なショッピング・モール巡りをする行程を組んでいませんでした。

が、TI の道路向かいにある Fashion Show というモールへは行きました。
TI から Venetian に渡り、Palazzo を抜け歩道橋を渡る時に金色に輝くホテルが見え、でっかくTRUMP と書いてありました。
そう、アメリカの不動産王にして第45代アメリカ合衆国大統領トランプさんが開発したホテルです。
現在、トランプさん自身の所有ではないらしいのですが、普通に予約して宿泊できるようです。

画像の手前にある円盤状のモニュメント?があるところが、Fashion Show です。
まあ、ショッピングに興味のない私たちには、広すぎて大変です。
興味のある方には、もちろんお薦めなんでしょうけど。。。
2019年10月04日 17:42