基礎医学研究機器の専門商社・福岡研明社

基礎医学研究関連なら消耗品から最新機器・設備までワンストップで調達できる福岡研明社にお問合せください

Blk

HOMEブログページ ≫ KAWASAKI ≫

KAWASAKI

KIMG0075

部屋に帰って、スーツケースから取り出したもの、

それは、福岡ソフトバンクホークスのホーム用ユニフォーム(プロフェッショナル仕様)、背番号52でした。
自分でもなぜか分かりませんが、水着と一緒に福岡ソフトバンクホークスのユニフォームをスーツケースに入れておいたのです。

「なんかの拍子にアメリカ人から、一緒にベースボールをやらないか? と言われた時のために」

というわけではありません、もちろん。

そのユニフォームを持って、再びあのお店へ。
ピート・ローズのコーナーに座っていたおじいさんはいなくなって、お店の中はスタッフの若いお姉さんだけ。
そのお姉さんに「ピート・ローズ、サインOK ?」 と尋ねると、何やら説明してくれた。

どうも、お店の中のグッズを買うと、それにピート・ローズがサインをしてくれるらしい。
ボールが120ドル、バットが(確か)300ドル。
一番安いのが、ピート・ローズの写真、80ドル。

この時点でも、私はピート・ローズが本人だとは思ってない。
絶対、そっくりさんに違いない。
こんな片田舎の(失礼)ショッピング・モールに、あのピート・ローズが来るわけがない。
もちろん、一番安い写真を購入してお金を払いながら、お姉さんにこのユニフォームにサインしてもらえるかな、と尋ねたら、

「多分大丈夫よ、えっ、いいユニフォームじゃない。KAWASAKI?」

と、さすがにそういうお店で働いているだけあって、お姉さんにユニフォームがプロフェッショナル仕様だと見抜かれました(笑)
いや、問題はそこじゃなくて、52の上に並べてある KAWASAKI の文字に反応したんです、彼女。

私、「カワサキ知ってますか?」
お姉さん「もちろんよ。彼はエンターテイナーだから、ね。」
うーん、ムネリン、恐るべし。
2020年03月12日 17:27