基礎医学研究機器の専門商社・福岡研明社

基礎医学研究関連なら消耗品から最新機器・設備までワンストップで調達できる福岡研明社にお問合せください

Blk

HOMEブログページ ≫ Las Vegas 2日目 ≫

Las Vegas 2日目

EDX7aAGMKdPReydLqmwULoM08sj3AtF1VFME5gpoP0E

さて、2日目に入り、本格的なラスベガスの視察です。
まずは、ラスベガス(ストリップ)発展の原点である Flamingo を表敬訪問。
元を辿ればベンジャミン・シーゲル(通称:バグジー)が1946年に開業したカジノ&ホテルです。
ちなみに、 Flamingo は彼の愛人のニックネーム。
ホテルの歴史を書き出すと、それだけで、また2とか3とかなってしまうので、ここでは止めておきます(笑)
ただ、「リービング・ラスベガス」という哀しくも美しい映画で、主人公のニコラス・ケイジと娼婦役のエリザベス・シューが最初に出会った場所が、Flamingo の前だったと覚えています。
そこのバフェイで朝ごはん、Paradise Garden で朝食を、と洒落込みました。

時差の関係でしょうか、アメリカの朝ごはんは美味しい!(日本時間の夕食時になります)
今回の旅人の中には、 Flamingo のバフェイが一番良かった、という方もいました。
そういえば、今回利用したバフェイの中で、唯一ホテルの中庭に面したガラス張りの明るいバフェイでした。

朝食後、2班に別れ、私はお供で日本語カジノ・レッスンへ。
もう1班の若者?グループは、ホテルを、正確には各ホテルのカジノをハシゴして歩きながら Luxor に帰ったそうです。
さて、日本語カジノ・レッスンは、Flamingo の隣 Bally’s で待合わせ。
普通にストリップへ出て、Bally’s へ行けばよかったのですが、 Flamingo のバフェイはホテルの一番奥にあり、 Bally’s も建物そのものはストリップから少し奥まったところにありますので、「裏から行ってみよう」と考えてしまいました。
 
2019年06月24日 18:04